旬の野菜

今が一番おいしい【旬】-野菜

「新鮮」な物を選び、食卓に並べたいと思われることはありませんか?でも、実際に【旬】といわれると、旬はいつなのでしょうか。
日本では、食べたい野菜はスーパーマーケットなどで簡単に手に入り、野菜の美味しい時期(旬)に関係なく食べることができるために、なかなか分かりません。でも、実際には野菜には旬があり、美味しい時期がありますので旬の野菜を食卓に並べてみてはいかがしょうか。

 

食材宅配を利用している人の【野菜/口コミランキング】を参考にしていただき、旬な野菜を取り寄せることでより美味しい料理を作ってください!

 

※旬の野菜を月別に調べ一覧にしています

各月 代表野菜 内容紹介
1月
  • 白菜
  • くわい
  • れんこん
鍋に、キムチに、冬の葉物野菜の王様…はくさいアブラナ科の葉物野菜の中で、スーパーで目にするもので一番大型になるのが白菜ではないでしょうか?冬の短黄色野菜として、鍋に、おひたしに、漬物に、と、広く色々な方法で調理されてい使われています。お隣の・・・続き
2月
  • 春菊
  • 小松菜
  • ほうれんそう
  • たんかん
鍋に、和え物に、ビタミン豊富な冬の葉物…春菊・小松菜・ほうれんそう風邪やインフルエンザの流行する冬の季節、ビタミンCやβカロテンの豊富な葉物野菜をたっぷりとることは、予防効果が期待できると言われています。冬に旬を迎える葉物、と言えば、キク科の春菊、アブラナ科・・・続き
3月
  • うど
  • 春キャベツ
  • 春にんじん
  • 菜の花
  • ブロッコリー
見た目は違えど親戚筋です…菜の花&ブロッコリー春の風景と言われて思い浮かべるのは、一面の菜の花畑。ほんのり黄色になった蕾を食べる、菜の花のお浸しは、ほろ苦く、味わい深いものです。てんぷらにしても、花の香りがさわやかに吹き抜けて、春を味わえる、まさに、旬だけの・・・続き
4月
  • きぬさや
  • えんどう
  • 高原レタス
  • いちご
きぬさやえんどう、と、グリーンピースは、実はお仲間暖かくなってくると登場する、かわいらしい絹さやえんどう。ほんのりした甘みと、鮮やかな明るい緑色が、煮物の付け合せや、お味噌汁の彩りに人気ですね。この、絹さやえんどうは、冷凍食品でおなじみのグリーンピースのお腹まで、・・・続き
5月
  • 新たまねぎ
  • アスパラガス
  • たけのこ
もっともポピュラーな山菜…たけのこ5月は春の山菜シーズンです。ゴールデンウィークには、山菜採りでワラビやゼンマイ、こごみ、といった山の恵みが楽しめるようになります。そんな中、早春から5月に顔を出してくるのがタケノコです。竹は、品種によって、タケノコの出てくる時期が少しづ・・・続き
6月
  • とうもろこし
  • さくらんぼ
梅雨の先駆け…梅6月と言えば梅雨の時期、「梅の雨」と書いて「つゆ」と読ませるように、このころに収穫期を迎える果物と言えばなんといっても梅でしょう。実は、梅は品種によって小梅から大梅まで、大きさも収穫期もバラエティーに富んでいます。昭和のお母さんたちは、一番最初に・・・続き
7月
  • 桃&プラム
  • ジャガイモ(春作)
  • トマト
  • ピーマン
  • 枝豆
スモモも、モモも、桃のうちすももは、漢字では「李」、日本語の「酸っぱい桃」の意味で、桃よりも酸味が強いことからこう呼ばれます。原産地は中国で、広く中国大陸から朝鮮半島に分布しています。そういえば、中国にも韓国にも「李」は多い姓ですね。モモと比べると小粒で、毛のな・・・続き
8月
  • ゴーヤ
  • スイカ
  • ズッキーニ
  • きゅうり
  • みょうが
夏の「薬食同源」ゴーヤを食べると暑気払いに効能あり!「食べられる緑のカーテン」として人気を集めている、ゴーヤ。公立小中学校では、校舎の2階を超えるような巨大な緑のカーテンに成功するところまであり、収穫の楽しみもあいまって、すっかりおなじみになりました。果実の形は、・・・続き
9月
  • ナス
  • マツタケ
「秋ナスは嫁に食わすな」は、嫁いびりではなかった!?夏から秋にかけては、ナス科の果菜が旬の盛りを迎えます。その中でも、一番収穫期間が長くなるのがナス。ナスは品種が多く、ナス科野菜の中では日本での栽培歴が一番古く、江戸時代から栽培されてきました。夏の初めから・・・続き
10月
  • ぶどう
  • かぼちゃ
  • さつまいも
人類最古の栽培果物…ぶどう初夏から、秋遅くまで、様々な品種が楽しめるぶどう。キリスト教の聖典である聖書には、紀元前から栽培がおこなわれていた様子が描かれ、古代エジプトの壁画にも、栽培の様子を描いたものが残っています。まさに、人類最古の栽培果物といえるで・・・続き
11月
  • なめこ
  • ゆず
日本原産?日本の原風景を彩る、「柿」秋の夕暮れ、真っ赤に熟れた柿の向こう側を飛んでいく渡り鳥…こんな風景は、昭和ニッポンのドラマや映画にはしばしば登場しました。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句にも登場したように、柿は、晩秋の果物として、甘いものの少なか・・・続き
12月
  • 大根
  • 聖護院蕪
冬の根菜の代表格、「だいこん」鍋に、おでんに、ふろふき大根に、干してたくあん、漬けて福神漬けと、冬の根菜として大人気で欠かせないのが、大根です。ジアスターゼというでんぷん消化酵素を含むことから、風邪などで胃腸が弱ったときにも大根おろしを少量食すと、消化の助け・・・続き

旬の食材を知ろう!野菜編(月別一覧)関連記事一覧

1月が旬の食材(野菜編:白菜、くわい、れんこん)

アブラナ科の葉物野菜の中で、スーパーで目にするもので一番大型になるのが白菜ではないでしょうか?冬の短黄色野菜として、鍋に、おひたしに、漬物に、と、広く色々な方法で調理されてい使われています。お隣の国、韓国では、なんといってもキムチの材料として欠かせないもの。毎年12月の「キムジャン」の時期は、市場が...

≫続きを読む

 

2月が旬の食材(野菜編:春菊、小松菜、ほうれんそう)

たんかんは中国原産で、ポンカンとネーブルオレンジが自然交配したものです。タンゴール類というミカン類の一系統に分類されていて、亜熱帯に適した品種です。日本では明治時代に南西諸島に苗が移植されたのが栽培の始まりで、現在は鹿児島県が8割、残り2割が沖縄県で栽培されています。鹿児島県と言っても屋久島や奄美大...

≫続きを読む

 

3月が旬の食材(野菜編:うど、春キャベツ、春にんじん、菜の花、ブロッコリー)

春の風景と言われて思い浮かべるのは、一面の菜の花畑。ほんのり黄色になった蕾を食べる、菜の花のお浸しは、ほろ苦く、味わい深いものです。てんぷらにしても、花の香りがさわやかに吹き抜けて、春を味わえる、まさに、旬だけの食べ物と言えそうですね。菜の花は、ナタネ(アブラナ)の花。冬は葉を食べ、春先は花を食べ、...

≫続きを読む

 

4月が旬の食材(野菜編:きぬさや、えんどう、高原レタス、いちご)

暖かくなってくると登場する、かわいらしい絹さやえんどう。ほんのりした甘みと、鮮やかな明るい緑色が、煮物の付け合せや、お味噌汁の彩りに人気ですね。この、絹さやえんどうは、冷凍食品でおなじみのグリーンピースのお腹まで、未熟なものをさやごと利用したものです。本来のグリーンピースは、未熟果でも、さやは固く筋...

≫続きを読む

 

5月が旬の食材(野菜編:新たまねぎ、アスパラガス、たけのこ)

5月は春の山菜シーズンです。ゴールデンウィークには、山菜採りでワラビやゼンマイ、こごみ、といった山の恵みが楽しめるようになります。そんな中、早春から5月に顔を出してくるのがタケノコです。竹は、品種によって、タケノコの出てくる時期が少しづつちがいます。更に、日本列島は南北に細長いうえ、急峻な山地が多い...

≫続きを読む

 

6月が旬の食材(野菜編:とうもろこし、さくらんぼ、梅)

6月と言えば梅雨の時期、「梅の雨」と書いて「つゆ」と読ませるように、このころに収穫期を迎える果物と言えばなんといっても梅でしょう。実は、梅は品種によって小梅から大梅まで、大きさも収穫期もバラエティーに富んでいます。昭和のお母さんたちは、一番最初に採れる小梅から、梅干し用の中梅、砂糖漬けや梅酒、甘露煮...

≫続きを読む

 

7月が旬の食材(野菜編:桃、プラム、ジャガイモ、春作、トマト、ピーマン、枝豆)

すももは、漢字では「李」、日本語の「酸っぱい桃」の意味で、桃よりも酸味が強いことからこう呼ばれます。原産地は中国で、広く中国大陸から朝鮮半島に分布しています。そういえば、中国にも韓国にも「李」は多い姓ですね。モモと比べると小粒で、毛のないことから、生産量トップを占める山梨県では「毛ナシ桃」という呼び...

≫続きを読む

 

8月が旬の食材(野菜編:ゴーヤ、スイカ、ズッキーニ、きゅうり、みょうが)

「食べられる緑のカーテン」として人気を集めている、ゴーヤ。公立小中学校では、校舎の2階を超えるような巨大な緑のカーテンに成功するところまであり、収穫の楽しみもあいまって、すっかりおなじみになりました。果実の形は、細長いものから、丸っこく太いもの、小ぶりでやや、扁平なものなどいろいろな品種が出ています...

≫続きを読む

 

9月が旬の食材(野菜編:ナス、マツタケ)

夏から秋にかけては、ナス科の果菜が旬の盛りを迎えます。その中でも、一番収穫期間が長くなるのがナス。ナスは品種が多く、ナス科野菜の中では日本での栽培歴が一番古く、江戸時代から栽培されてきました。夏の初めから秋遅くまで、早生種から晩生種へと品種を変えながら、長く楽しめます。お盆のお飾りに作られる、ナスの...

≫続きを読む

 

10月が旬の食材(野菜編:ぶどう、かぼちゃ、栗、さつまいも)

初夏から、秋遅くまで、様々な品種が楽しめるぶどう。キリスト教の聖典である聖書には、紀元前から栽培がおこなわれていた様子が描かれ、古代エジプトの壁画にも、栽培の様子を描いたものが残っています。まさに、人類最古の栽培果物といえるでしょう。日本では、古来、山野に自生していた山ぶどうを利用しており、奈良時代...

≫続きを読む

 

11月が旬の食材(野菜編:柿、なめこ、ゆず)

秋の夕暮れ、真っ赤に熟れた柿の向こう側を飛んでいく渡り鳥…こんな風景は、昭和ニッポンのドラマや映画にはしばしば登場しました。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句にも登場したように、柿は、晩秋の果物として、甘いものの少なかった時代、人々を楽しませ、干し柿になって、冬の間はビタミンを補給してくれた貴重な食...

≫続きを読む

 

12月が旬の食材(野菜編:大根、聖護院蕪)

鍋に、おでんに、ふろふき大根に、干してたくあん、漬けて福神漬けと、冬の根菜として大人気で欠かせないのが、大根です。ジアスターゼというでんぷん消化酵素を含むことから、風邪などで胃腸が弱ったときにも大根おろしを少量食すと、消化の助けになることで知られています。ご飯に大根おろしを載せると、甘みを感じること...

≫続きを読む

 

食材宅配比較・ランキング 食材宅配サービス 食材宅配の基礎知識 お中元ランキング カニ通販 特集